キャッシング審査

キャッシングの審査に通るために、これだけは気をつけたい!

キャッシングでは、お金を借りられるかどうかということが、審査によって決められることになります。
キャッシング会社側も、お金は金利とともに返して欲しいので、どれだけお金に関して、信用があるかを調べられることになります。
最低限、どのような事を気をつけるべきなのかを紹介します。

 


審査基準1 年収などの収入面

キャッシングでまず審査されることが収入面です。年収いくらならいくらまで貸せると、公開されてはいませんが、ある程度、キャッシング会社側で決まっています。
モビットでは500万円、プロミスでは300万円が限度額とされていますが、これも一定の収入があって貸してくれます。
一般的な会社員の平均収入程度あれば、限度額まで貸してくれると言われています。
アルバイトやパートでもお金を貸してくれるとも言われていますが、限度額までは貸してくれないでしょう。

 


審査基準2 お金に関する信用

過去に、キャッシングやローンなどの延滞があるかどうかということ。これも重要です。
過去にキャッシングなどをしていても、延滞などをしたことがなければ、問題なくお金を借りることが出来ます。
しかし過去にお金に関するトラブルを起こしていると、これは信用情報機関に知られる事になっていますので、いくら年収があっても貸してくれないこともあるのです。
お金を貸しても返ってこないと思われてしまうためです。キャッシングやローンの延滞といったトラブルは、一度もしないくらいの心構えが必要ですね。

 


審査基準3 持ち家など

これは最低限注意しなければならないこととは言い切れないものですが、持ち家があるかないかだけでも、キャッシングできるかどうかが変わってきます。
持ち家を持っているかどうか、を気をつけるということはできるものではありませんが、マンションなり一戸建ての家なりを持っていれば、多少年収が低くても、何も持っていない人よりも、お金を貸してくれるのです。
これは、もしもの時に、差し押さえをすることができる、という意味合いもあるのですが。

違法に高い金利でお困りなら、ヤミ金相談.jp.net

キャッシングの審査に落ちる人とは?

キャッシングの審査に落ちる人というのは、大抵、過去に金銭面で何かしらのトラブルを起こしている場合がほとんどです。
最近では少額(50万円~100万円)であれば、アルバイトやパートタイムの仕事をしていても、お金を借りる事ができるとは言われていますが、それでも審査に落ちてしまうような場合もあります。
こういった場合は、過去に金銭面で何かしらのトラブルを起こしているのです。

何故、他社の情報が知られているのか


キャッシングの審査に落ちる人が過去に起こしたトラブルは、別の会社にも知られることとなります。

個人情報が大切にされている今の時代に、何故それが知られてしまうのか、それは信用情報機関というものがあるためです。

幾らお金を貸しているかどうか、そしてどれだけの遅延があったかということについては、この信用情報機関・会社から知られることになるのです。
いわゆる、ブラックリストと呼ばれるものですね。

過去に延滞していると、もうキャッシングはできない?


キャッシングで過去に延滞をしていると、もうブラックリストに自分の名前が載せられてしまっているから、もうキャッシングはできないのかと、世間ではそう思われているようです。

ですが、自己破産をしていても、数年経てばまたキャッシングができるという話もあり、少しでもキャッシングが延滞すれば、二度と借りれなくなるというほどではありません。

トラブルを起こす程ならば、キャッシングはしないほうがいい?


しかしながら、キャッシングでトラブルを起こすというのならば、正直の所、お金の貸し借りにルーズなところがあると言えるでしょう。
社会的に見ても、キャッシングをしている人イコールお金にルーズという人と見られてしまうわけです。

そしてそういった人は、消費者金融やカード会社からしてみても、お金を貸したいものではありません。ですので、審査に落ちてしまうのですね。

キャッシングの審査に落ちる人は、まずは自分の金銭感覚を見なおす必要がありますね。

クレジットカードの比較、人気ランキング

ブランド腕時計専門の一括査定サービスであなたのIWCの買取いたします。